Women's Health

  • HOME
  • 女性のからだ情報
  • お悩み相談・Q&A
  • 運動・食事でヘルシーアップ
  • あなたの健康管理
  • 新着情報

HOME > かしこい患者学 > 尿失禁

尿失禁

尿失禁とはこんな病気です

 重い荷物を持ったり、セキやクシャミをした拍子、あるいはトイレに駆け込んだのに、間に合わなくて尿が漏れてしまった。こんな経験をもつ女性は少なくないはずです。
 尿失禁(尿もれ)とは、簡単にいえば自分の意思に反してトイレではないところで尿が漏れてしまうことです。こんな症状に悩んでいるのは自分だけではないか、恥ずかしくて誰にも言えない、などと思い悩んでいる人も多いのではないでしょうか。しかし、実は尿失禁に悩む女性は20代、30代の若い人から中高年に至るまで、かなり多いのです。40歳以上の女性の場合は3人に一人。調査によっては半数を越える人が尿失禁を経験していると報告されています。尿失禁は、決して高齢者だけのものでもなければ、珍しい症状でもないのです。
 ただ、尿失禁が一般の病気と異なるのは、本人の「自己申告」によって治療が行われるという点です。尿失禁と一口に言っても、原因もさまざまならば、失禁の程度もいろいろです。そして、本人の受け止め方にも個人差があります。「昨日、生まれて初めてクシャミをした拍子に尿が漏れてしまった」と驚いて病院に駆け込んでくる人もいれば、「何年もパッドを使って我慢してきたけれど、もう限界です」と病院を訪れる人もいます。少しぐらい下着が汚れてもあまり気にならないという人もいれば、仕事やスポーツをやめ、外出を控えるなど日常生活を変えてしまうほど悩んでいる人もいるのです。
 また、外出先や旅行先で恥ずかしい思いをして、心に深い傷をおっている人も少なくありません。尿失禁は、命にかかわるものではありませんが、その人の日常生活を障害する、つまりクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)を低下させるという点で、非常に深刻な症状なのです。
 一週間に2-3回以上の尿もれがあって生活に支障をきたすという人はもちろん普段はもれないが、大好きなテニスやゴルフの時だけにもれてしまうというような人も充分に治療の対象となるわけです。「この程度なら」と受診を遠慮する必要はないのです。最近では女性の社会進出が進んで外出する機会が増えたこと、また医療側にも積極的に尿失禁の治療を行っていこうという姿勢が生まれ、病院を受診する女性が増えています。また、治療にもいろいろな方法が生まれ、ほとんどの尿失禁は治すことができるようになりました。
 尿失禁の治療を受けることは、恥ずかしいことでも、珍しいことでもないのです。一人で悩んでいないで、まず尿失禁について知ることから始めましょう。

女性に尿失禁が多い理由

 女性に尿失禁が多いのは、体の構造にも原因があるようです。
 腎臓で作られた尿は、尿管を通って膀胱に溜められ、尿道を通って体の外に排泄されます。一日に排泄される尿の量は1000ミリリットルから2000ミリリットル。膀胱に、250~300ミリリットルの尿が溜まると、膀胱の壁が押し広げられ、その刺激が脳に伝わって「尿意」が起こります。といっても、人間の場合、どこでも尿を排泄できるわけではありません。
 そこで、尿道の周囲には外尿道括約筋と内尿道括約筋という2種類の筋肉があり、尿の出口をしっかりと閉じています。内尿道括約筋が無意識に尿の出口を閉じるのに対し、外尿道筋は、意識的に尿の出口を塞ぐことができます。この2つの筋肉によって、尿意を我慢したり、排尿のコントロールをしているわけです。そして、トイレに付くと、脳からさて準備は完了、排尿せよという指令が出て、2つの筋肉がゆるむと同時に、膀胱が収縮して尿を体外に押し出すわけです。
 女性の場合、尿道が男性に比べて短く、直線的に走っているという点もハンディではあります。しかし、さらに大きいのは膀胱や尿道を支える恥骨尿道靭帯や仙骨子宮靭帯などの靭帯や「骨盤底筋群」が、男性に比べて弱いことです。
 骨盤底筋群は、膀胱や尿道、子宮など骨盤内の臓器を支える筋肉の総称です。外尿道括約筋もそのひとつ。こうしたいくつもの靭帯と筋肉が、ちょうどハンモックのように骨盤内の臓器を支えているのです。このもともと男性より弱い靭帯や筋肉郡が妊娠や出産による負担などによってさらに弱まりやすくなります。
 その結果、膀胱や尿道が本来あるべき位置からずれてしまい生まれつきそなわっている尿もれ防止機構がうまく働かなくなります。これが女性の尿失禁で一番多い「腹圧性尿失禁」の原因と考えられています。

尿失禁の種類

 ひとくちに尿失禁といっても、原因はさまざまであり、それによって治療の方法も変わってきます。

腹圧性尿失禁

 せきやクシャミをしたり、大笑いした拍子、急に走ったり、跳んだはずみ、あるいは重い荷物を持ち上げた時など、おなかに力が入った拍子に尿が漏れるのが、腹圧性尿失禁の特徴です。尿失禁の中では一番多く、70%を占めるといわれています。
 大きな原因は、前述のように骨盤底筋が弱って膀胱や尿道をしっかりと支えられなくなることにあります。閉経によって女性ホルモンの分泌が低下すると、それだけでも骨盤底筋がゆるんでくるのですが、妊娠・出産や肥満もゆるみの大きな原因になります。
 妊娠中は、胎児の重みで骨盤底が下にたわんでいるので、腹圧性尿失禁が起こりやすい状態になっています。こうした重みによる尿失禁は一時的なもので、大半はお産が終われば自然に治るものです。ところが、もっと心配なのは産後の尿漏れです。出産時には、骨盤底筋にも大きな負担がかかり、靭帯や筋肉が傷ついたりゆるんで、膀胱や尿道がお尻の側にずれてしまうのです。正常な位置に膀胱や尿道があれば、腹圧がかかっても尿が漏れることはありません。自分では意識していなくても、自然に靭帯と筋肉が協調して動き、尿もれ防止機構が働いて、尿道がギュッと締められているからです。ところが、その位置がずれてしまうと、腹圧がかかった時にうまく尿道をしめることが出来なくなり、漏れてしまうのです。
  産後の尿失禁は一時的なもので治ることが多いのですが、年をとってから再発することが多いので要注意です。
 また、肥満や便秘も腹圧性尿失禁には大敵です。肥満すると、筋肉も脂肪に置きかわるだけではなく、内蔵にも脂肪がつきます。その結果、骨盤底筋に妊娠した時と同じような負担がかかり、尿失禁が新たに出現してしまうことがあります。腹圧性尿失禁が急に悪化したという場合、この1~2年の間に太ったという人も多いのです。便秘も排便のたびにいきむので、分娩と同じように骨盤底筋に負担をかけることになります。

切迫性尿失禁

 腹圧性尿失禁の次に多いのが、切迫性尿失禁です。
 尿意を感じたとたん、トイレにたどり付く前に漏れてしまう、トイレには間に合ったもののドアを締めたとたん、あるいは下着を下ろしている間に漏れてしまったというのが、このタイプの尿失禁の特徴です。最近泌尿器科では尿失禁があってもなくても、強い尿意切迫感と頻尿が合併する病態を過活動膀胱と呼ぶようになりました。これは頻尿、尿意切迫感に悩む人が世界的に非常に数が多く、日常生活に支障をきたしているため尿失禁が起こる前から早めに診断して治療しようという世界的な動きがあるからです。
 尿は、本来脳が準備万端、排尿OKと指令を出したところで排泄されるべきものです。ところが、切迫性尿失禁の場合は脳がまだOKの合図を出す前に、勝手に膀胱が収縮して尿道を押し広げ、尿が出てしまうのです。脳梗塞や脳出血などの後遺症で起こることもありますが、更年期をすぎると女性ホルモンの不足により膀胱の過敏性が増し、とくに原因がないのに、膀胱が異常収縮するため、尿が漏れてしまうことも多くあります。
 このタイプの尿失禁の人は、用心して早めにトイレに行くため、頻尿の人が多いのも特徴です。トイレに頻回に行くというのも、外出先などではなかなか辛いものです。腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁が混合したタイプを混合性尿失禁といいますが、実はこの病態の人は数多く、生活に大きな支障をきたしています。腹圧性尿失禁が重症化すると尿道に尿が常時はいりこみ、その結果膀胱の異常収縮が導発されてしまうのです。このタイプの混合性尿失禁の人は後述の腹圧性尿失禁の手術をすると多くの切迫性尿失禁の症状も改善することがわかっています。

その他の尿失禁

 この他、膀胱に尿が一杯になってあふれて漏れてしまう「溢流性尿失禁」、手足が不自由であったり痴呆のためにトイレの場所がわからずに粗相をしてしまう「機能性尿失禁」などがあります。
 溢流性尿失禁は男性に多い尿失禁です。男性の場合、尿道の周囲を取り囲むようにして前立腺が存在します。年をとると、前立腺の肥大が起こり、尿が勢い良く出にくくなります。この肥大がひどくなると、尿がほとんど出なくなり、反対に膀胱に常時尿が残っているためこれが軽い腹圧で頻ぱんに漏れるようになるのです。女性の場合は、骨盤底の靭帯や筋肉がゆるみ膀胱瘤、子宮脱、直腸瘤などの骨盤内臓下垂症になると男性と同様に膀胱内に尿が残るようになるため、溢流性尿失禁が起こります。 この他、他の病気で服用している薬や骨盤内の手術が原因で尿失禁が起こることもありますから、現在服用中の薬や手術の経験があれば、それも医師に伝えましょう。

尿失禁の検査

 尿失禁であるかどうかは、問診などで症状を聞けば、だいたいわかります。さらに詳しく、尿失禁のタイプや程度を知るために、次のような検査が行われることもあります。

[ストレステスト]
 膀胱に尿が溜まった状態でベッドに横になり、セキをして尿が漏れるかどうかを調べます。

[Q-tipテスト]
 腹圧性尿失禁の人を対象に、腹圧が掛かったときの膀胱の動きをみます。具体的には、仰向けになった姿勢で膝を立て、綿棒(Q-tip)を尿道にさして、グッとお腹に力を入れます。この時の綿棒の動きで膀胱の位置が腹圧で動くかどうかがわかります。腹圧性尿失禁のタイプを調べることもできます。

[パッドテスト・24時間パッドテスト]
 パッドを当てて水を飲み、一定時間腹圧のかかるような動作や運動を行い、もれた尿の量を調べます。1日にもれた尿の量をパッドの重量をはかることで推定する24時間パッドテストが最近では世界標準となっています。

[鎖尿道膀胱造影検査(チェーンCG)]
 膀胱と尿道の角度をみるために行われる検査です。尿の出口から細い管を入れて造影剤を膀胱に注入し、さらに尿道に細い管を入れたままレントゲン写真をとります。この管の中にはチェーンが入っているので、膀胱の位置と尿道の位置がレントゲン写真でわかるわけです。最近はこの尿道と膀胱の角度をより簡単に超音波検査で測定する研究も行われています。

[尿流動態検査]
 単純な腹圧性尿失禁であれば、前述の簡単な検査で確定診断できますが、切迫性尿失禁と腹圧性尿失禁が混合する混合性尿失禁の場合、手術すればよくなる尿失禁なのかどうかをより詳細に調べる必要があります。この時行われるのが尿流動態検査です。尿の流れ方を調べる検査や膀胱内の圧力を調べる検査など必要に応じていろいろな検査が行われます。
 また、病院に行く前に数日間、排尿日記をつけておくと、診断に役立ちます。水分をいつどのくらいとったか、トイレに行った時間と排尿の量、尿がもれた時間とそのきっかけなどを記入しておきます。

尿失禁の治療

 この場合は、骨盤底筋体操、薬、手術が基本的な治療法になります。

[骨盤底筋体操]
 中でも、治療の基本ともいえるのが骨盤底筋体操です。これは、骨盤底筋を緊張させたりゆるめたりしながら、鍛える運動です。(尿失禁のケアの項参照)。とくに、軽症の腹圧性尿失禁に効果があり、切迫性尿失禁と重なっている場合にも効果が期待できます。
 コツは、正しいやり方で毎日根気よく続けること。全身をリラックスして肛門と膣だけを5秒くらいギュッと締め、10秒ぐらいリラックスするという動作を1セット8回くらい繰り返します。この時、下腹やおしりの筋肉があまりうごかないように注意し、なるべく肛門と膣だけをしめることがポイントです。起床時、各食後、就寝時に最低計5セットは行います。その他イスに座ったり、家事をしながらでもできますし、テレビのコマーシャルの間に行うようにしてもいいでしょう。筋内トレーニングですので、やらなさすぎもやりすぎもいけません。1日5-8セットくらいが適当と考えられています。難しい運動ではありませんから、気軽に行うとが長続きのコツです。2~3カ月続けると、7割ぐらいの人に効果があります。

[薬]
 腹圧性尿失禁の治療には、薬も使われます。交換神経を刺激する薬の中には、尿道を収縮させる作用を持つものがあり、このような薬を服用すると腹圧性尿失禁を軽くすることができます。しかし、薬はあくまでも対症療法です。痛み止めと同じで、尿漏れという症状を一時的に軽くするだけで、根本的な治療にはなりません。あくまでも骨盤底体操の補助と考えて、薬をのまなくてもすむようになるよう、骨盤底体操を継続することが望まれます。

[手術]
 尿失禁の程度が重かったり、骨盤底筋体操でも症状が良くならない場合には、手術という方法もあります。
  従来の手術は膀胱と尿道を持ち上げて元の位置に戻し、腹圧がかかっても尿が漏れなくすることを手術の目的としていました。これにもいろいろな方法があり、従来は下腹部を15センチ近く切って、お腹の中で膣壁を靱帯に縫い付け、尿道を持ち上げる「バーチ法」や下腹部の左右に1センチ位の切開を入れ、特別な針でナイロンの糸を尿道の脇にループ状に回して膀胱の出口を釣り上げる「ステイミー法」などが行われてきました。
 手術じたいはそれほど大がかりなものではないのですが、バーチ法は手術の痕が大きいことが難点です。またステイミー法は成功率80~90%と効果が高いのですが、手術して5年ほどたつと40%ほどの人で再発してしまうという問題があります。重力に反して“もち上げる”という従来の手術方法には人間が起立して歩行する動物である以上“もち上げた”ものは必ず“たれ下がる”という欠点があるのです。
 この欠点を克服し開発されたのが手術の主流になりつつある「尿道下スリング法」という新しい方法です。これは、従来の手術のように尿道や膀胱を釣り上げて尿漏れを治すのではなく、尿道の後ろにテープを回し、腹圧がかかった時に尿道がうしろにずれるのを防ぐ治療です。腹圧がかかったときテープが支点となって垂直方向にかかる重力と腹圧に反して骨盤底筋群が尿道を水平方向と斜め上方方向引き上げるように反射的に動くようにする方法で、正常な尿もれ防止機構をとり戻すことが手術の目的です。
 実際には、下腹部の左右に1センチほどの小さな切開を入れ、ここからポリプロピレンという合成繊維でできたメッシュ状のテープを挿入します。手術時間は、およそ30分ほどです。局所麻酔でできる手術なので、欧米では日帰り手術が中心ですが、日本では1~2泊の入院をすることが多いようです。従来の手術では1週間ぐらいの入院が必要でしたから、入院期間も大幅に少なくなっています。
 手術の傷が小さいので手術後の痛みが少なく、入院日数も少ないこと、さらに成功率は90%前後と高く、再発率も5年後で15%程度にとどまっています。こうした利点が多いことから、腹圧性尿失禁の治療では今後主流になっていくとみられています。

[コラーゲン注入療法]
 手術がどうしても嫌という人には、コラーゲンを注入する方法もあります。コラーゲンというタンパク質を尿道周囲の組織に注入して盛り上げたり、尿道の壁を隆起させて尿漏れを防ぐ治療です。この治療の利点は、何といっても体への負担が少なく、たいてい入院することもなく治療が受けられる点です。
 ただ、コラーゲンは体に吸収されやすいので、安全性に優れる一方、効果が長く続かないのが欠点ともいえます。一年で30~50%の再発があるとされていますから、時々病院でコラーゲンの注射を追加する必要があります。
 この他、膣の中に器具を入れて尿道を支える方法などいくつかの治療法があります。状態に応じて医師と相談してみましょう。尿失禁の手術療法は、泌尿器科と産婦人科で行われています。

切迫性尿失禁の治療

 脳梗塞や脳出血などの後遺症が原因である重症な尿失禁の場合も、女性ホルモン低下等が原因の軽度の尿失禁の場合も初期治療は抗コリン剤による薬物治療です。この薬は、現在日本では全国どこでも内科、外科、産婦人科、泌尿器科を問わず処方してもらえます。
 膀胱を収縮させる筋肉は、コリンという神経伝達物質によって支配されています。そこで、コリンの働きを抑えて、膀胱が過度に収縮するのを防ぐのがこの薬です。切迫性尿失禁にはよく効きますが、コリンの働きが抑えられてしまうので、便秘や口の渇きなどが起こることがあります。程度は、人さまざまなので、こういう症状があれば、その状態を医師にきちんと話すようにしましょう。通常の量の抗コリン剤で満足行く症状の改善がみられない場合は脳血管疾患ならば抗コリン剤の増量、女性ホルモン不足が原因ならば女性ホルモン補充などが考えられます。この場合はそれぞれの専門医を訪ねたほうが治療が早く進む場合があります。
 また切迫性尿失禁の症状と腹圧性尿失禁の症状が混合する場合、腹圧性尿失禁の治療をすると切迫性尿失禁がよくなることもあります。医者に手術をすすめられた場合は自分の希望を考えた上で勇気をもって手術を受けてみるのも一つの方法です。
  さらに抗コリン剤を服用してもよくならない頻尿に間質性膀胱炎を原因とする頻尿があります。頻尿にくわえて、尿が貯まった時に骨盤内のどこかに痛みや何らかの下腹部不快感があるようならば間質性膀胱炎の可能性があります。この場合は間質性膀胱炎に知識が深い医師に出会わないとなかなか満足した治療を受けられないことがあります。尿失禁も含めていえることですが、尿失禁、頻尿、下腹部痛等に悩み、勇気をもって医療機関に受診しても満足した治療が受けられる確率は30-40%と考えられています。1つ目の医療機関で満足できないのならば2つ目、3つ目と“はしご”するのはこの場合は正しい選択です。

Q&A