Women's Health

  • HOME
  • 女性のからだ情報
  • お悩み相談・Q&A
  • 運動・食事でヘルシーアップ
  • あなたの健康管理
  • 新着情報

HOME > 知っておきたい女性のからだ > 出産~出産法はいろいろある~

出産~出産法はいろいろある~

自然分娩と計画分娩

 出産のおよそ8割は自然(普通)分娩ですが、ほかにもいろいろな出産法があります。出産には予想外のできごとも起こりうるので、いざというときあわてないため、ほかの方法も知っておきましょう。

<自然分娩>……陣痛が始まるのを待って、自然の流れにそって行う方法。陣痛から出産までは平均所要時間で、初産婦では10~12時間、経産婦では4時間~6時間かかりますが、これには個人差があります。初産のとき、難産のときには、もっと時間がかかることもあります。

<計画(処置)分娩>……妊婦の状態などによって、なんらかの人為的な方法を使って出産を行う方法。無痛分娩や陣痛促進分娩、帝王切開などの方法があります。
●無痛分娩……麻酔薬や鎮痛薬、東洋の鍼・灸などを使って、痛みをとり除く方法。麻酔薬の投与や鍼の技術などの面 で、信頼のおける病院を選ぶことが大切です。

●陣痛促進分娩……陣痛が弱いときなどに促進剤を使用し、人工的に陣痛の強さを正常にして出産する方法。

●吸引分娩、鉗子分娩……胎児が産道の出口付近まで来て、分娩の進行が止まったり、胎児が苦しいというサインを出したとき、経腟分娩を手助けする方法。

●帝王切開……母親に糖尿病や心臓病などの合併症があるとき、あるいは胎児が産道をとおって生まれるのが難しい場合などに、子宮を切って胎児をとり上げる方法。

その他の分娩法

●ラマーズ法……陣痛の痛みや不安をコントロールし、リラックスするための呼吸法を事前に練習し、自体の弛緩を行う無痛分娩法。すでに多くの病院で採用されています。

●アクティブバース……水中分娩、座位分娩などの方法。水中分娩はお湯のなかで行う。座位 分娩は座った姿勢で、重力を利用して行うもの。どちらも妊婦をリラックスさせ、出産を少しでも楽にするための方法です(ただし、水中分娩は最近、感染や出血などのリスクも報じられているので、医師とよく相談してからにしましょう)。

自分に合った産院を選ぶ

 最近は出産に夫が立ち会ったり、アクティブバースを希望する例が少しずつ増えつつあります。こうした方法は、産院側の態勢や施設が整っていないとできません。希望する場合には、可能な産院をあらかじめ選んでおく必要があります。