Women's Health

  • HOME
  • 女性のからだ情報
  • お悩み相談・Q&A
  • 運動・食事でヘルシーアップ
  • あなたの健康管理
  • 新着情報

HOME > 知っておきたい女性のからだ > 妊娠とからだの変化~知っておきたいこと、注意したいこと~

妊娠とからだの変化~知っておきたいこと、注意したいこと~

10か月間のからだの変化

 妊娠すると、女性のからだにはいろいろな変化があらわれます。初めての妊娠・出産では、ちょっとしたことにも不安になりがち。約10ヵ月間の妊娠中にどのような変化がみられるのか、あらかじめ知っておきましょう(症状やその程度には個人差があります。ここではひとつの目安を示してあります)。

●妊娠1ヵ月(0~3週)
受精卵が子宮内膜に着床し、妊娠が成立するのが排卵から1週目頃(月経から3週目)。妊娠の自覚症状はあまりありませんが、基礎体温の高温期が続くほか、なんとなくだるい、熱っぽいといった症状を感じることもあります。妊娠の可能性がある場合は、X線撮影は避け、薬を飲む必要があれば医師に相談しましょう。タバコやお酒を控えることも忘れずに。

●2ヵ月(4~7週)
月経予定日になっても月経がこないので、「妊娠かな」と思うのがこの時期。予定日を2週間過ぎても月経がこないときは、確認のため早めに産婦人科で診断を受けてください。市販の妊娠検査薬だけでは、異常妊娠を見逃しやすいので要注意。この頃から、つわり(吐き気やむかつき、食欲低下など)もみられます。

●3ヵ月(8~11週)
つわりの症状が強くなり、乳房が張る、乳首がチクチクする、黒ずむなど、はっきりした妊娠による変化がみられます。トイレが近くなったり、便秘になる人もいます。この時期はもっとも流産しやすいので、下腹部を圧迫したり、重いものをもつことはやめましょう。下腹部痛をともなう不正出血があったら、すぐに病院へ。

●4ヵ月(12~15週)
つわりが次第に軽くなり、食欲が出てきます。基礎体温も下がり始め、安定期に入ります。妊娠中は常にからだを清潔にすることが大切ですが、この時期はおりものが増えやすいので、毎日入浴し、下着もかならず新しいものに換えましょう。お腹がふくらみだすのも、この頃からです。

●5ヵ月(16~19週)
乳房が大きくなり、下腹部のふくらみも目立ち始め、からだ全体がふっくらしてきます。食欲が旺盛になりますが、太りすぎるとむくみや浮腫、腰痛などの原因ともなるので、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。散歩や軽い体操など適度の運動をすることも大切。胎動(赤ちゃんの動き)も少しずつ感じるようになります。

●6ヵ月(20~23週)
下腹部が大きくなり、胎動をはっきり感じるようになります。腰や背中などに痛みやだるさを感じ、立ち仕事がつらくなる人もいます。からだのバランスが悪くなり、ころびやすくなるので、段差のある場所(階段や建物の出入り口など)ではつまずかないように十分に注意してください。

●7ヵ月(24~27週)
下腹部がさらに大きくなり、腰痛や背中痛を起こすことも少なくありません。その予防のためと、早産をまねかないために、急激な動きはできるだけ避けましょう。子宮が大きくなり、下半身のうっ血などから痔にもなりやすいので、便秘にならないような食生活を心がけ、とくに塩分や香辛料をとりすぎないことも大切。

●8ヵ月(28~31週)
子宮が大きくなり、内臓が圧迫されるため、動悸や息切れ、胸焼けなどの症状を起こしやすくなります。腰、背中、足などにだるさを感じたり、肌にシミが出たりもします。妊娠後期に入り、むくみ、高血圧、タンパク尿などがみられるときは、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)などの病気の可能性もあるので、定期検診をきちんと受けましょう。

●9ヵ月(32~35週)
胎児の完成期が近づいて子宮がさらに大きくなるため、動悸や息切れ、胸焼けなどを起こしやすい状態が続きます。胃も圧迫され、食事が入りにくくなる人もいます。また子宮の収縮によって、お腹が張ることもあります。少し安静にしておさまるようでしたら心配はありません。早産を避けるために、セックスは控えめにしましょう。

●10ヵ月(36~39週)
胎児が骨盤に入ると、子宮によるつかえが消えるので、胸や胃が楽になり、動悸や息切れ、胸焼けなどの症状もみられなくなります。また胎動も少なくなります。その一方で、子宮の収縮によってお腹がかたく張ることが多くなります。出産に備えて、休養を十分にとってください。

●出産後
妊娠前から高血圧、腎臓病、糖尿病などの持病があった人は、妊娠中に症状が進むことがあります。妊娠がきっかけで、糖尿病を発症することもあります。また妊娠中毒症などにかかった場合には、後遺症がみられることもあります。出産後も油断せずに、医師の指示にしたがって必要な治療をきちんと受けましょう。
出産後に体形を元に戻そうと、すぐに急激なダイエットを始めるのは禁物です。反対に、妊娠中についた食べ癖を、そのまま続けるのも問題があります。どちらも体調をくずしたり、肥満や病気の引きがねとなりかねません。出産後は生活意識を切り替え、授乳や育児に専念できるように、体調の管理に努めましょう。