Women's Health

  • HOME
  • 女性のからだ情報
  • お悩み相談・Q&A
  • 運動・食事でヘルシーアップ
  • あなたの健康管理
  • 新着情報

HOME > 日常の予防 > 尿もれ・尿失禁・・・・・・恥ずかしがらずに治しましょう

尿もれ・尿失禁・・・・・・恥ずかしがらずに治しましょう

 くしゃみや咳をしたらオシッコがもれた、トイレに行ったのに間に合わずに失禁してしまった……そんな経験のある女性は、あなただけではありません。中高年だけでなく、20代、30代の若い女性たちのあいだにもけっして少なくありません。以前なら恥ずかしいのでだれにも相談できず、人知れず悩んでいる女性がほとんどでした。でも女性の社会進出が進むにつれ、悩むより治そうという前向きの人がずいぶん増えてきています。

腹圧性タイプは骨盤底に原因が

骨盤底筋って知っていますか?

画像

 女性の尿もれの原因で、いちばん多いのは「骨盤底筋」のゆるみ。私たちの下腹部にある内臓(膀胱・尿道・子宮・腟など)は、骨盤のなかで保護されていますが、その内臓を支えているのが骨盤底筋という筋肉です。この筋肉が弱ると内臓が下がり、膀胱や尿道が圧迫されて、尿もれを起こしやすい状態になります。そこに、くしゃみ、咳、運動などでおなかに強い圧力が加わると、こらえきれずに尿もれが起きてしまいます。ですからこのような腹圧性の軽い尿もれなら、骨盤底筋をきたえる運動をするだけで治すことができます。

出産や肥満、便秘きっかけに

 出産のときに骨盤底筋肉の収縮力が弱まり、それが原因となって尿もれを起こすこともよくあります。骨盤底筋肉が弱くなると膀胱が下がって圧迫されるだけでなく、子宮や腟も下がることがあります(妊娠中には半数以上の人が尿もれを経験しますが、これは一過性のもので心配ありません)。出産後しばらくしてから尿もれを起こすようになったら、骨盤底の障害を疑って検査を受けてみましょう。また肥満やがんこな便秘も、膀胱や尿道を圧迫し、尿もれを起こす原因となることがあります。

切迫性タイプはいろいろな原因から

 トイレが間に合わないような切迫性の尿もれは、膀胱や尿道の働きになんらかの支障があることが少なくありません。膀胱・尿道の筋肉や神経の働きが弱っていたり、膀胱の容量 が人より小さい場合などです。切迫性の場合には、膀胱や尿道の働きを正常に戻すための薬や手術による治療が必要です。膀胱などに異常がない場合でも、腹圧性と同じように内臓が下がることで圧迫を受け、切迫性の症状をみせることもあります。これが混合型です。

どっきりデータ

 尿もれをタイプ別にみますと、腹圧性が50%以上、切迫性が約20%、混合型が約30%で、その他のタイプは少数です。女性の場合には、とくに腹圧性が60~70%を占めるといわれます。年齢別 では、20代で20%、30代で31%、40代で48%、50代で46%、60代で37%、70代以上では31%の人に、尿もれがみられます(信州大学による調査。貴島静正『続・新薬の話・』裳華房、その他より)。

自分の骨盤底の状態を知る

あなたの骨盤底は正常?

 女性に多い一般的な腹圧性尿もれの場合には、骨盤底筋をきたえる方法でかなり解消することができます。骨盤底が正しく働いているかどうかを知るには、病院で検査してもらうのがいちばん良い方法ですが、自分で確かめる方法について中田真木著『尿もれ・尿失禁』(主婦の友社)では次のように紹介しています。
 「入浴などで裸になったときに、右手の人さし指、中指、薬指の先を肛門と会陰部に軽く当て、おならやおしっこをがまんするときのようにギュッとおなかに力を入れてみてください。そのとき、肛門のちょっと前方に会陰腱中心という少し硬い部分がありますが、ここがキュッと締まって持ち上がっていれば、骨盤底は正しく収縮しています」
  また、「おしっこを途中で止めてみて、尿の出が遅くなるようなら、骨盤底の筋肉が収縮している証拠」という方法もあります。

自分でトレーニング

 骨盤底筋は自分でトレーニングすることができます。肛門や腟を締める運動、腹筋や背筋をきたえる運動など、いくつかの運動パターンがあります。尿失禁外来のある病院でも指導してくれますし、下記の相談窓口のなかにもパンフレットなどで指導してくれるところもあります。

悩んでいないで相談しましょう

画像

 尿もれを受診するには、泌尿器科か婦人科がいいでしょう。尿もれの専門外来をもつ病院は全国にありますが、数はまだ多くありません。わからないとき、心配なときは、次のところへまず相談してみましょう。

●日本コンチネンス協会
(平日、10時~16時)  03-3301-0725

●フリーダム失禁、介護もしもし相談室
(平日、10時~12時、13時~16時) 03-3823-7980

日常生活でのケア

 毎日の生活のなかでも、尿もれを起こしにくくするためのケアを自分でしましょう。

●骨盤底筋トレーニングをする
 トレーニングを3カ月続けると、腹圧性尿もれなら3人に2人は症状が改善されます。あせらずにきちんとトレーニングをしましょう。

●適度な水分補給をする
 尿もれが心配で水分をとらないでいると、かえって濃くなった尿が膀胱を刺激して尿意を感じたり、便秘になったり、血液濃度が濃くなって脳卒中などを起こす、といった危険性があります。水分は控えすぎないように、またとりすぎないようにしましょう。

●太りすぎないようにする
 太ると、いつもおなかに圧力がかかっている状態になり、ちょっとしたことで尿もれが起こりやすくなります。

●便秘に気を付ける
 とくに高齢者では便秘によって膀胱や尿道が圧迫され、尿もれを起こすことが少なくありません。

●閉じこもらないようにする
 尿もれが心配で家に閉じこもると、骨盤底筋がますます衰えるだけでなく、お年寄りの場合には寝たきりや痴呆の原因ともなります。尿もれ用の下着などを着け、積極的に外出しましょう。

知っておきたい話

 骨盤底筋トレーニングなどで解消されない場合には、ほかの原因が考えられます。内臓がかなり下がっているときには、手術が必要となることもあります。膀胱の働きがよくなければ、薬で改善することができます。ときには高血圧治療薬など、ほかの病気の治療のために飲んでいる薬の副作用で、尿もれを起こすこともあります。早めに受診して、原因を確かめておきましょう。