Women's Health

  • HOME
  • 女性のからだ情報
  • お悩み相談・Q&A
  • 運動・食事でヘルシーアップ
  • あなたの健康管理
  • 新着情報

HOME > ヘルシーレシピ > 豆腐と小松菜の明太子あん・水菜とえのきの煮浸し

豆腐と小松菜の明太子あん・水菜とえのきの煮浸し

「自分に合ったアルコールの飲み方にする」

飲酒を続けるとお腹が出てくる・・・と言われますが、どうしてアルコールを飲むと太るのでしょうか?ここで、アルコールで太る原因を整理してみましょう。

○飲みすぎ  →アルコールのカロリー
アルコールにも食事と同じように、カロリーはしっかりとあるので、飲みすぎると当然カロリーの摂りすぎから、肥満につながります。

○食べすぎ  →アルコールの食欲増進作用
アルコールには食欲増進作用があるので、アルコールのカロリーに加えて、食事の食べすぎによるカロリーの摂りすぎにもつながります。

○遅くまで飲む  →飲酒の時間帯
更に、時間帯にも問題があります。アルコールを飲むと食事時間が長くなりがちで、体脂肪を蓄積しやすい時間帯=夜 に飲んで食べる機会が増えます。飲んで食べて、すぐ寝るという生活では更に体脂肪を合成しやすくなります。

このように、飲酒習慣で太る場合は、この3つの太る原因が重なることで生じると言えるでしょう。あなたの体重増加の原因がここにないか、考えてみましょう。

「自分の太る原因がアルコールにある」と、わかっていても飲みたい!立場上、飲まなくてはいけないという人もいるのではないかと思います。
ダイエットのPOINT
総飲酒量を減らすポイントは、
(1)1回の飲酒量を減らす (2)飲酒の頻度を減らす (3)外での飲酒を減らす
の3つです。

自分の生活、性格にきちんと向き合うことで、何かできそうな工夫がみえてくるはずです。
ここがダイエットの「ポイント」なのです!!あなたにできることを考えてみましょう!

(1)1回量を減らす
飲む量を決めて、飲み始める
グラスを小さくして飲む
薄い水割りを自分でつくる
ビールは飲む量しか冷やさない
低カロリービール、低アルコールビールなどに変える

(2)飲む日数を減らす

休肝日の曜日を決める
飲酒以外の趣味の時間をつくる
休日は飲まないようにする
飲む日に、飲む量だけ買って帰宅する(買い置きしない)

(3)外での飲酒回数を減らす

断る理由を考えておく
休肝日を宣言しておく
アルコールの処理は肝臓で行うため、飲みすぎると肝機能が低下しやすくなり、また脂肪肝の原因になる場合もあります。中性脂肪値や尿酸値などにも影響を与え、その他の生活習慣病のリスクを上げることにもつながります。
アルコール量を減らすのは難しいと始めから諦めずに、ここを改善すれば減量につながる!と前向きに考えてみてください。

★★ずっと美味しく飲み続けるためにも、自分に合った飲み方を考えてみましょう。

材料 2人分

豆腐と小松菜の明太子あん
絹ごし豆腐…1丁(300g)
小松菜…100g
たけのこ…50g
干ししいたけ…1枚
生姜のみじん切り…うす切り2枚分
明太子…30g
油…大さじ1

■調味料A
 酒…大さじ1
 塩…小さじ1/3
 醤油…小さじ1/2
 鶏がらスープの素…小さじ1/2
 水…300cc

水溶き片栗粉
(片栗粉…大さじ1・水…大さじ2)

水菜とえのきだけの煮浸し
水菜…100g
えのきだけ…50g
カットわかめ…1g

■調味料B
 だし…大さじ2
 醤油…小さじ2
 みりん…小さじ2

ご飯
白飯…400g

作り方

【1】 絹ごし豆腐は横2等分に切り、さらに1.5センチ厚さにに切る。
   小松菜は4センチ長さに切り、たけのこはうす切りにする。
   干ししいたけはもどして、せん切りにする。
【2】 明太子の薄皮に縦に切れ目を入れておく。
   (加熱したときに中身が出やすく、薄皮を除きやすい。)
【3】 鍋に油を熱し、生姜、たけのこ、干ししいたけを炒め、
   調味料A、明太子を加える。
【4】 豆腐、小松菜を加え、再沸騰したら水溶き片栗粉でとろみをつけ、盛り付ける。
【5】 水菜は4~5センチ長さに切り、えのきだけは石づきを除き、
   長さを2等分に切る。
【6】 鍋に煮浸しの調味料Bを煮立たせ、水菜、わかめ、えのきだけを加え、
   箸で混ぜながらしんなりするまで煮、器に盛る。

栄養価 1人分

エネルギー(kcal)575
たんぱく質(g)20.2
脂質(g) 12.0
炭水化物(g) 94.0
食物繊維(g) 7.0
カルシウム(mg)279
鉄(mg) 4.6
ビタミンA(μg) 387
ビタミンB1(mg) 0.42
ビタミンB2(mg)0.41
ビタミンC(mg)59
塩分相当量(g) 3.0

栄養コメント

主菜となるたんぱく質食品は肉、魚、卵と大豆製品です。このメニューでは豆腐をおいしく、満足感のある主菜に仕上げました。やわらかく食べやすい豆腐は、食欲がないときの主菜としてもおすすめです。

おいしさのポイント!

水溶き片栗粉は必ず沸騰しているところに入れ、全体をよく混ぜながら再沸騰させましょう。片栗粉にしっかり火が通るとつやが良いとろみがつきます。