Women's Health

  • HOME
  • 女性のからだ情報
  • お悩み相談・Q&A
  • 運動・食事でヘルシーアップ
  • あなたの健康管理
  • 新着情報

HOME > ヘルシーレシピ > かぶと桜えび入り煮浸し

かぶと桜えび入り煮浸し

「野菜をたっぷり使いましょう」

 食事を低カロリーに抑える食材として欠かせないのが、野菜です。
ダイエット中でなくても野菜をしっかり食べることは、健康維持のためにとても大切です。
野菜の1日の目標摂取量はひとり350g以上とされていますが、この量をしっかり食べるには、1日およそ5皿の野菜料理が必要です。
野菜は全般的に低カロリーなので、ダイエット中でも安心してたっぷり食べることができます。
また、食物繊維を多く含むこともポイントです。
食物繊維は食後に腸で膨らむため、カロリーを控えた食事でも野菜をたっぷり使うことで、食後の満腹感を得やすくなります。
ダイエットを考える場合には、肉や魚の量や、油脂の多い料理を控えることも大切ですが、まず野菜をたっぷり食べることを意識しましょう。野菜をしっかり食べることで、結果的に高カロリーの料理を控えることにつながりやすくなります。

材料 2人分

かぶ…2個
かぶの葉…2個分(80gくらい)
桜えび…3g

■調味料
だし…200cc
塩…小さじ1/4
醤油…小さじ1/2
みりん…小さじ2

作り方

【1】 かぶは4~6等分のくし形に切って皮をむく。葉は4センチ長さに切る。
【2】 鍋に調味料と桜えびを煮立たせてかぶを入れ、8~10分、落し蓋をして煮る。
【3】 かぶがやわらかくなったら葉を加えて2~3分煮る。

栄養価 1人分

エネルギー(kcal)44
たんぱく質(g)2.9
脂質(g)0.3
炭水化物(g)7.3
食物繊維(g) 2.0
カルシウム(mg)146
鉄(mg)0.9
ビタミンA(μg) 188
ビタミンB1(mg)0.06
ビタミンB2(mg)0.09
ビタミンC(mg)44
塩分相当量(g) 1.1

栄養コメント

かぶを使うときは、ぜひ葉も一緒に使いましょう。かぶの葉には、ダイエット中に不足しがちなビタミンやミネラルが含まれています。特にこのメニューでは桜えびと合わせて、カルシウムが1日の摂取目標量の約1/4、またビタミンCは約1/3を摂ることができます。

おいしさのポイント!

彩りもきれいな桜えびは、一緒に煮ると特有の旨みが出て、煮物がぐっとおいしくなります。かぶのほかに、里芋や大根、青菜類にもよく合います。