Women's Health

  • HOME
  • 女性のからだ情報
  • お悩み相談・Q&A
  • 運動・食事でヘルシーアップ
  • あなたの健康管理
  • 新着情報

HOME > ヘルシーレシピ > ささみのマスタードパン粉焼き

ささみのマスタードパン粉焼き

「肉は良質たんぱく質食品」

 一般的に、肉料理は高カロリーになりがちです。そのため、「肉料理はできるだけ食べないほうがいい」と思っている人もいるようです。
しかし、お肉自体は、とても優れた栄養価の高い食品で、良質たんぱく質食品と呼ばれます。たんぱく質は、最近よく耳にする、「アミノ酸」という分子がたくさん集まって作られる栄養素です。たんぱく質を構成しているアミノ酸は20種類あり、体内で合成できるものとできないものとに分けられます。体内で合成できないアミノ酸を必須アミノ酸と呼び、必須アミノ酸を多く含むたんぱく質ほど、質のよいたんぱく質(=良質たんぱく質)といえます。
人間にとって「質」のよいたんぱく質とは、人間のからだのたんぱく質のアミノ酸構成に似ているたんぱく質のことです。質のよいたんぱく質を食べると、からだで効率よく使われます。たんぱく質のアミノ酸構成は、動物の種類が近いものほど似ているといわれていますので、例えば大豆のたんぱく質より、動物のたんぱく質のアミノ酸構成のほうが人間のアミノ酸構成に近いといえるでしょう。
例えばダイエット中でも、からだづくりに不可欠なたんぱく質を、少しの量で効率よく取り入れるには、アミノ酸バランスの優れた「肉」が有効だといえます。

材料 2人分

ささみ…4本
塩…小さじ1/4
こしょう…少々
油…小さじ1

マスタード…小さじ2
生パン粉…10g
油…小さじ1

トマト…小1個
塩・こしょう…少々
レモンのくし形切り…2切れ

作り方

【1】 ささみに筋をとり、塩、こしょうをふる。トマトはへたをとり、横2等分に切り、種を除く。
【2】 フライパンに油を熱し、ささみを入れ、焼き目がつくように強火で両面を焼き、取り出す。トマトを入れて両面を焼き、取り出して塩をふる。
【3】 生パン粉と油小さじ1をよく混ぜる。
【4】 ささみの表面にマスタードを塗り、3のパン粉をふりかけ、オーブントースターまたはオーブンでパン粉がこんがり焼けるように約4~5分焼く。
【5】 皿にささみを盛り付け、焼いたトマト添える。好みでレモン汁をかけていただく。

栄養価 1人分

エネルギー(kcal)156
たんぱく質(g)24.2
脂質(g) 3.7
炭水化物(g) 6.1
食物繊維(g) 0.8
カルシウム(mg)12
鉄(mg)0.5
ビタミンA(μg) 59
ビタミンB1(mg)0.14
ビタミンB2(mg)0.12
ビタミンC(mg)13
塩分相当量(g) 1.2

栄養コメント

ダイエット中はなるべく脂肪分を抑え、からだ全体の機能を保つたんぱく質を効率よく摂りたいものです。ささみ肉は低脂肪・高たんぱく質でダイエット時の食事におすすめです。調理に工夫をすることでぱさつきも抑えられ、おいしくなります。

おいしさのポイント!

フレンチマスタードは辛味が強くないので、たっぷり塗っても大丈夫です。マスタードの風味とさくさくしたパン粉が香ばしくておいしいです。