Women's Health

  • HOME
  • 女性のからだ情報
  • お悩み相談・Q&A
  • 運動・食事でヘルシーアップ
  • あなたの健康管理
  • 新着情報

HOME > ヘルシーレシピ > トマトとわかめの土佐酢和え

トマトとわかめの土佐酢和え

「ダイエット中は副菜で食卓のボリュームをだしましょう!」

ダイエット中でも皿数は減らさずに、食卓のボリューム感をだすことがポイントです。今回は、その中心となる副菜について考えてみましょう。

副菜に使う食材は、まずは「野菜」です。野菜には、色の濃い「緑黄色野菜」と色の薄い「淡色野菜」があります。全般的に緑黄色野菜の方が、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、「1皿は必ず緑黄色野菜を使った料理」にしましょう。
野菜にプラスして使うのは、「きのこ、海藻、こんにゃく」などの低カロリー食品です。これらの食品はカロリーが低いだけでなく、コレステロールの吸収を抑えたり、便秘を予防したり、血糖値の上昇を抑えるなど、生活習慣病の予防に役立つ「食物繊維」が豊富に含まれています。特にダイエット中に、皿数を増やしたい時に使う食材としておすすめです。

ダイエットのためにと、食事量(カロリー)だけを減らすと、必要なビタミンやミネラルなどが不足し、疲れやすい、肌が荒れる、便秘になるなど、体調を崩すだけでなく、例えばビタミンB群が不足した状態では、体脂肪も効率よく燃焼されないため、思うように体重が落ちないということにもつながります。

材料 2人分

トマト・・・200g 
カットわかめ・・・2g 
土佐酢
  醤油・・・小さじ2
  砂糖・・・小さじ1
  酢・・・大さじ1
  水・・・大さじ3
  かつお節・・・1g
生姜のうす切り・・・1枚

作り方

【1】 土佐酢の調味料を鍋に入れて加熱し、煮立ってきたらかつお節を加え、そのまま1分おいてから漉し、冷ましておく。
【2】 トマトはへたを除き、横半分に切り、放射状に8等分に切る。
【3】 わかめは水でもどして、水けをよく絞る。
【4】 トマトとわかめを合わせて器に盛り、土佐酢をかける。

栄養価 1人分

エネルギー(kcal)45
たんぱく質(g)1.4
脂質(g)2.2
炭水化物(g)6.9
食物繊維(g)3.1
カルシウム(mg) 55
鉄(mg)0.6
ビタミンA(μg)1
ビタミンB1(mg)0.05
ビタミンB2(mg)0.06
ビタミンC(mg)2
コレステロール(mg)0
塩分相当量(g)0.9

栄養コメント

わかめにはコレステロールの吸収を抑える水溶性の食物繊維が含まれています。
コレステロール値が気になる方の、肉料理に添えるメニューとしてもおすすめです。

おいしさのポイント!

土佐酢は酸味がまろやかなので、野菜に良く合います。たっぷりかけて冷たく冷やしていただきましょう。