Women's Health

  • HOME
  • 女性のからだ情報
  • お悩み相談・Q&A
  • 運動・食事でヘルシーアップ
  • あなたの健康管理
  • 新着情報

HOME > ヘルシーエクササイズ > 足腰を鍛えて、息切れしない体に

足腰を鍛えて、息切れしない体に

運動不足が続くと、筋肉が衰え、体を支えることができなくなってきます。すると姿勢がだんだんと悪くなり、肩こりや腰痛も起こります。駅の階段の昇りで息切れを感じたり、転びやすくなったら、それは黄色信号。足腰だけでなく、心臓や肺の機能も低下しているおそれがあるからです。また血液の循環が悪くなり、脳の働きも低下していきます。
このように足を使わなくなると、全身に影響がでてきます。老化はひたひたと、足からやってくるのです。「足は第二の心臓」といわれる由縁です。

よく「1日1万歩歩くと健康になる」といいますが、これには根拠があります。一般的に健康を維持するには、一日300kcalを消費する運動をするといいとされています。毎分80歩の歩行で100kcal消費するには3000歩が必要ですから、300kcalを消費するのは9000歩が必要となります。ここからキリのいいところで「1日1万歩を歩こう」というわけです。

運動は安全で、効果的で、楽しくなければ続きません。運動の効果を求めるには、(1)同じ動きを繰り返す運動、(2)リズミカルな運動、(3)全身運動、がよいのです。これらの条件を満たし、足腰を鍛えるのが大腿筋エクササイズです。