Women's Health

  • HOME
  • 女性のからだ情報
  • お悩み相談・Q&A
  • 運動・食事でヘルシーアップ
  • あなたの健康管理
  • 新着情報

HOME > ドクターQ&A > おりものについて

おりものについて

健康時のおりものは、どんな感じですか?
おりものは腟の中を適度に潤す働きがあり、腟からの外敵の侵入を阻んだり、性交渉の準備をしたり、妊娠しやすい状態を作ったりする大切なもの。いくつかの生殖器官から分泌された粘液と、そこから溢れ出た分泌物が混じってできたもので、腟内部を潤しています。色は透明、もしくは白っぽいのが健康な証拠です。量は腟から流れ出す状態が、ぽてっ、ぽたぽた、という程度が適度と言われています。また排卵時には透明のおりものが増えます。おりものは酸性で、乳酸菌によって腟内部をまもっているため、日頃から乳酸菌を摂取していると腟の健康維持に役立ちます。
おりものが大量に出て驚きました。病気でしょうか?
細菌やカビ、トリコモナス原虫の感染、ウイルス感染、子宮頚びらん、避妊具の装着後などの要因が考えられます。またビデの使い過ぎ、アレルギー、情緒の急激な変化なども、おりものの増量の要因に。治療が遅れると深刻な状況を招く子宮がんや卵管炎の場合もありますので、婦人科で適切な治療を受けましょう。
おりものの臭いが気になります。性感染症じゃないかと思うと心配です。
正常なおりものにも多少の臭いがあります。腟内部は酸性で、これはデーデルライン桿菌という善玉菌の臭いによるものです。性感染症の場合には、生臭い臭いがします。性交渉で頻繁に腟内射精をしている場合、男性の精液がアルカリ性であるため、腟内が中和され細菌性腟炎をおこし、すっぱいような臭いがきつくなることがあります。細菌性腟炎は腟内の細菌を殺す薬を投薬することで簡単に治ります。その他の性感染症の場合も抗生物質などの服用でほとんど治りますから、症状が悪化する前に、安心のためにも婦人科で検査を受けましょう。
時々おりものに血液が混じって気になります
おりものに血液が混じることはたまにあります。しかし悪臭がする、量が増えたなどの症状が重なっている場合には、子宮頚がん、子宮体がんなどが疑われます。また、老人性腟炎の場合にもおりものに血が混じることがあります。
外陰部が痒くてたまりません。病気でしょうか?
痒みだけで、おりものに変化が見られないのであれば、毛ジラミがいる可能性があります。市販されているシャンプータイプの薬で自宅で治療できるので、陰毛をよく観察して、シラミやシラミの卵が付いていないか確かめてみましょう。おりものの色や量、臭いなどに変化を伴っている場合には、雑菌に感染しているか、カンジタ症、トリコモナス原虫に感染しているかもしれません。悪化する前に、専門医を受診しましょう。
私のおりものは白っぽく、少し臭いもあり、量が増えることもあります。これは普通のことなのでしょうか。
おりもののほとんどは、子宮や腟からの分泌物です。一般的には白っぽい色ですが、排卵前などには透明な粘液状のおりものも増えます。少し臭いがあるのも普通のことです。おりものの色や臭いには個人差がありますが、白や透明に近いおりもので、ほかにかゆみなどの症状がなければ、心配ありません。

量については、できれば基礎体温を記録して、おりものとの関係をみてください。排卵期頃の、体温が上昇する前に量が増えるのであれば、これも普通のことです。

ただ正常ではあっても、日頃から自分のおりものに注意するのは、とてもいいことです。おりものは健康のバロメーターともいわれ、とくに女性器の病気を知らせるサインともなります。自分のおりものの状態を知っておき、いつもと違うおりものがあったときには、受診するようにしましょう。(おりものに関する基礎知識については、知っておきたい女性のからだ「おりもの1、2」をご覧ください)。
月経量が多く、月経が終わったあとも茶色っぽいおりものがつづくことがあります。病院で子宮後屈といわれたことがあるのですが、関係ありますか。
月経後の茶色のおりものは、おそらく月経血の残りがおりものに混じったものでしょう。おりもの以外に、かゆみや下腹部痛などがある場合には、受診してください。

子宮後屈そのものは病気ではありません。ただ月経量が非常に多かったり、月経の出血が8日間以上もつづくような場合には、月経過多症ということもあります。また月経量が多いと、貧血にもなりやすいので注意が必要です。1年に1度くらいは婦人科を受診するようにしましょう。
ワンポイントアドバイス
月経過多症というのは、月経量が非常に多かったり、月経期間が普通より長い場合をいいます。月経量の目安としては、量の多い1日目、2日目あたりで、ナプキンを2時間おきに替える程度なら、普通の出血量だといえます。ナプキンが1時間ももたなかったり、就寝時には夜用の大きなナプキンをしても間に合わないような場合には、過多月経ということができます。

過多月経は、卵巣や子宮の障害が原因となっていることがあるので、受診して調べておくほうが安心です。
水のようなおりものが急に増え、おりものシートをしていても、数時間ほどで替えなければなりません。原因は何でしょうか。
いつもと違うおりものがみられた場合には、いろいろな可能性が考えられます。あなたの場合には、腟炎ならびに子宮頸管炎などの疑いがあります。

腟炎というのは、細菌の感染やタンポンのだし忘れなどが原因となる、腟の炎症の総称です。細菌が原因の場合には、感染した細菌の種類によって症状も違いますし、治療薬なども違ってきます。それだけにまず婦人科を受診し、原因を調べたうえで治療する必要があります。
ワンポイントアドバイス
腟炎は、下痢、セックス、不潔な下着などさまざまな原因によって起こります。外陰部を不潔にしている場合にも起こりますが、反対に腟のなかまでていねいに洗いすぎたときにも、腟の自浄作用が弱り、かえって細菌感染を起こすことがあります。ビデを使いすぎたときも同様です。清潔にすることは大切ですが、強くこすったりせず、軽く洗い流す程度にしておきましょう。
最近おりものの量が多くなり、また臭いもきつくて、洋服を着ているときやセックスのときにも気になります。どんな原因が考えられますか。
おりものの量が多くなったのは、腟炎が原因ではないでしょうか。まれにタンポンの出し忘れということもありますが、そうでないとすれば臭いがきつくなった点から考えて、おそらくトリコモナス腟炎の可能性が高いと思われます。

トリコモナス腟炎は、寄生虫の一種トリコモナス原虫の感染によって起こる炎症です。主にセックスによって感染しますが、まれに風呂や脱衣場での感染もあります。トリコモナス腟炎になると、おりものの色も黄色がかったものになったりするほか、外陰部のかゆみもみられます。

放置していると、尿道炎や外陰炎などを起こし、排尿時にしみたり、歩くときにすれて痛みを感じるようになります。薬(腟に入れる錠剤など)で、簡単に治すことができるので、早めに受診してください。
白っぽいチーズのような、フワフワした感じのおりものが、しばらくつづいています。大丈夫でしょうか。妊娠とは関係ありますか。
白いチーズ状のおりものや、トウフのカスのようなおりものの場合、まずカンジダ腟炎が疑われます。この場合には、外陰部にかなり強いかゆみ(時には痛み)をともないます。

カンジダ腟炎は、カンジダ菌というカビの一種が原因となる腟の炎症です。カンジダ菌はふだんからヒフや口、腸などにいますが、病気や疲労などで免疫力が低下したりすると、繁殖しやすくなります。妊娠中も、腟内の酸性度が低下して自浄作用が弱くなるため、時々起こります。また、セックスによる感染もあります。

薬で治療できますので、まず病院でおりものを検査してもらい、カンジダ腟炎かどうか確認してください。
風邪をひいて高熱と下痢が続いたあと、茶褐色のおりものがしばらくみられ、下腹部にも少し痛みがありました。風邪は治ったのですが、受診すべきでしょうか。
高熱などで体調をくずした影響で、月経に変化が出ることはありえますが、風邪とおりものとは直接的には関係ないと思います。おりものの変化は一時的な症状かもしれませんが、いつもとは違うおりものがみられ、下腹部痛もあるのですから、いい機会なので1ヵ月ほど基礎体温を記録したうえで、婦人科を受診されることをお勧めします。

あなたがもし30歳以上の方なら、子宮がん検査などもぜひ受けておくようにしてください。