Women's Health

  • HOME
  • 女性のからだ情報
  • お悩み相談・Q&A
  • 運動・食事でヘルシーアップ
  • あなたの健康管理
  • 新着情報

HOME > ドクターQ&A > 頭痛について

頭痛について

片頭痛が起きてしまった時、家庭ではどんなことができますか?
片頭痛は、一眠りして起きると楽になることがあります。ですから、暗い静かな部屋で横になりましょう。痛む部位 を冷やすのも効果があります。緊張型頭痛は、血行をよくする必要があるので後頭部を温めるといいのですが、片頭痛は血管が広がると悪化するので、コメカミのあたりを冷たいタオルや冷却シートなどで冷やします。冷えて血管が収縮すると、痛みが楽になります。片頭痛に市販の鎮痛薬を使う場合は、頭痛の発作が軽いうちに服用しないとあまり効果 はありません 。
鎮痛薬を飲むと、胃が痛くなって困ります。なぜ、鎮痛薬は胃にくるのでしょうか ?
一般的に、鎮痛薬はプロスタグランジンという物質の合成を抑えて痛みを止めます。プロスタグランジンは、体内のあちこちで作られていろいろな働きをしています。そのひとつが痛みに関係する働きなのです。同時に、プロスタグランジンは、胃の粘膜を保護する働きをしています。そのため、鎮痛薬を飲むと痛みも止まるけれど、胃の粘膜を保護する作用も低下して胃が痛くなるわけです。

しかし鎮痛剤の中には胃のプロスタグランディンには作用しにく い、つまり胃を傷めないもの、たとえばタイレノールがあります。胃の弱い人はこうしたタイプの鎮痛薬を試してはどうでしょうか。

なお海外では、すでに痛みに作用するプロスタグランジンの合成だけを抑える鎮痛薬も開発されています。
アイスクリームを食べると、頭痛がするのはなぜですか?
アイスクリームやかき氷を食べると、キーンと頭が痛くなることがあります。これは、脳の錯覚によるものです。冷たいものを食べると、その刺激が口から脳に伝えられます。このとき、三叉神経を介して刺激が脳に伝えられるのですが、三叉神経は顔面の神経痛の原因でもある太い神経です。口の中だけではなく、頭の前側の部分も三叉神経の支配を受けています。そこで、脳が刺激を前頭部からのものだと勘違いして、痛みが起こるのです。