Women's Health

  • HOME
  • 女性のからだ情報
  • お悩み相談・Q&A
  • 運動・食事でヘルシーアップ
  • あなたの健康管理
  • 新着情報

HOME > ドクターQ&A > 卵巣について

卵巣について

卵巣のう腫と言われました。心配です。
卵巣にできる腫瘍の9割以上は良性の腫瘍です。そして、良性腫瘍のなかでいちばん多いのは、卵巣がコブのように腫れる卵巣のう腫です。腫瘍は両側に出来る場合、片方だけできる場合など、千差万別です。

大きくなれば腫瘍の摘出手術となりますが、実際に手術となるのは、腫瘍が握りこぶし大以上になってから。小さな腫瘍は経過観察のみで、特に治療は行われません。 また、妊娠、出産にも影響がありません。
卵巣のう腫は体の外側からわかりますか?
卵巣は、恥骨の上の方の左右にあります。もし、下腹部がふくらんで服のウエストがきつくなったり、張ったような違和感を覚えたり、固いしこりが同じ位置で長い間なくならないときは卵巣の状態を診てもらいましょう。

また、ほとんど自覚症状はないのですが、下腹部痛や腰痛、頻尿、膨満感など、いつもと違う症状が続いたら、卵巣のう腫があるかもしれません。
卵巣が排卵しないので、排卵誘発剤を使用することになりました。 副作用はありますか?
排卵誘発剤は卵巣を刺激して、排卵をおこす薬です。排卵を促して月経周期を正常にするときや、不妊治療などに広く使用されています。

副作用として、卵巣過剰刺激症候群といわれる症状が出ることがあります。卵巣過剰刺激症とは、排卵するための卵胞の内部に血清がたまるものです。腹水がたまることもあるので、時に病状が非常に重くなることがありますが、現在は超音波・モニターで卵巣の状況を見ながらの治療となりますから心配はいりません。

こういった副作用があることを理解の上で、不妊治療や排卵機能の向上に取り組むのが大切です。
「多嚢胞性卵巣」と診断されました。 結婚して3年ですが、妊娠はまだです。
多嚢胞性卵巣とは卵巣の中に卵胞がネックレスのようにつながって見える状態で、排卵が起きにくい状態で、月経不順がおきます。また、黄体ホルモンが増えるのでにきびや多毛、肥満になる、がよくみられます。

治療方法は、今のところこれといったものはありません。妊娠を希望する場合には、排卵誘発剤を使用します。妊娠を希望しない場合には、経口避妊薬の使用で卵巣の働きを抑える方法が取られます。漢方薬を処方すると、総合的に症状が軽くなることが分かっています。
卵巣がんにはどんな人がなりやすいのでしょうか?
卵巣がんになりやすい、リスクには以下のことがあります。

不妊治療のため、排卵誘発剤を使用している。
出産経験がない。
更年期を迎えている。
親族に卵巣がんになった人がいる。
逆に、経口避妊薬(ピル)を飲んでいる場合には、リスクを下げるという結果もあります。この項目に当てはまる人は定期健診を受けましょう。
親族に卵巣がんがいると、 卵巣がんになりやすいのですか?
すべてのがんが遺伝するわけではありませんが、乳がんや卵巣がんなどは遺伝の関連性がやや高いといわれています。母親や姉妹に卵巣がんがあった場合のリスクは、そうでない場合に比べて3倍にもなります。

考え方を変えれば、親族の病気があったからこそ、自分のからだを知るきっかけにもなります。リスクが高いという認識をもって、定期検診を心がけていれば、もし、がんになった場合でも早期発見につながるでしょう。
卵巣がんになっても妊娠・出産できるのでしょうか?
卵巣がんの検診は、内診や超音波(エコー)、CT、MRIなどで検査します。この時点で卵巣の腫れがあることがわかっても良性か悪性かはわかりません。そのため、血液中の腫瘍マーカーの測定をして、がんであるかどうかを判断します。卵巣がんは早期にわかれば、摘出後の化学療法も必要ありません。片方の卵巣を残しての妊娠・出産も可能です。

もし、医師の治療方法に納得できない場合には、他の医療機関でのセカンド・オピニオンを実行してください。
不妊に悩み受診したところ、卵巣のう腫と診断されました。どんな病気ですか、また手術が必要なのですか。
卵巣のう腫は、卵巣にできる腫瘍のなかでも、もっとも多くみられるものです。のう腫(腫瘍)のなかには液状のものなどが詰まっていますが、内容物によっていろいろな種類があります(ワンポイント知識を参照ください)。

卵巣のう腫は小さなうちは、ほとんど自覚症状がありません。そのため自分ではわからず、妊娠時の診察や子宮がんの検診などで発見されることが少なくありません。のう腫が大きくなってくると、お腹がふくれた感じがしたり、さわるとしこりがわかることもあります。

多くは良性のものですが、まれに悪性のものもあるため、まずその判断をする必要があります。医師から手術の話がなかったのなら、おそらく良性だと思われますが、一度確認しておくほうがいいでしょう。腫瘍が良性か悪性かについては、超音波やMRI、CTスキャン、腫瘍マーカーなどを使い、事前にかなり正確に判断できます(ただし最終的な判断は、腫瘍を切除したうえで病理検査をおこなう必要があります)。

小さな腫瘍で、かつ良性だと判断できるものは、しばらく経過をみるのが普通です。ときには自然に消えてしまうものもあります。

良性のものでも、腫瘍の大きさや種類によっては手術が必要となることもあります。手術が必要かどうかは、主治医とよく相談してください。将来妊娠を望む人や、不妊に悩んでいる人の場合には、あらかじめその旨を医師に伝えておきましょう。
ワンポイント知識
卵巣のう腫は、内容物によって大きく3つに分けられます。
1. 漿液性(しょうえきせい)のう胞
中身はサラッとした水様の液で、のう腫の大きさはウズラの卵大から1kg以上の大きさになることもあります。
2. ムチン性のう胞
中身は粘り気のある粘液で、大きさは親指大から、まれに10kgを超える巨大なものまであります。
3. 皮様(ひよう)のう腫
皮脂がバターのように詰まっていて、毛髪や骨などが混じったのう腫です。卵子が発育過程で奇形化したもので、20歳代の若い女性に多くみられます。大きさはうずらの卵大から子どもの頭ぐらいまであります。
  (安達知子『婦人科に行く前に読む本』KKベストセラーズより)
病院の検査で、4cmほどの卵巣のう腫がみつかりました。悪性かどうかはわかりませんが、痛みがあります。くわしい検査や手術をすべきでしょうか。
卵巣のう腫は、ひとつの目安として大きさが6cm以上になると摘出手術の対象となります。ただその場合でも、良性か悪性かをふくめて、くわしい検査が必要です。

月経周期による変化があるかどうか、炎症があるかどうかの検査、さらに腫瘍マーカーなどの血液検査を受けてください。また、のう腫の種類(水がたまったものか、硬い充実性のものか)についてもきいておくことが必要です。

痛みについては、卵巣のう腫が4~5cm程度の大きさなら通常は起こりません。ただし、茎捻転(けいねんてん)といって、なんらかの原因で卵巣のう腫が根元からねじれることがあり、その場合には痛みをともないます。

急に茎捻転が起こると、下腹部の激痛や吐き気などの症状が起こります。少しずつねじれを起こした場合には、軽い痛みがつづくこともあります。いずれの場合でも、ねじれたままにしておくと卵巣への血液の流れが止まってしまうため、早急な手術が必要となります。
卵巣のう腫の手術とは、どういうものですか。私は未婚で、すでに別の手術痕が下腹部にあるので、これ以上キズを残したくありません。
卵巣のう腫の手術は、良性か悪性か、充実性(腫瘍が固体であるもの)か非充実性(内容が液性のもの)か、癒着があるかないか、患者の年齢がいくつかなどの条件を医師が考慮したうえで、手術方法が決められます。

良性のものであれば、多くは腹腔鏡下で手術することができます。この手術は、下腹部に小さな穴を3つほど開け、メスや鉗子のついた腹腔鏡を入れて、腫瘍の様子を観察しながらおこなうものです。この方法だと手術痕は小さく、目立ちません。入院も数日で済みます。

開腹手術の場合も、以前の手術のキズ痕と同じ箇所を切開してもらうようにすれば、キズについても問題はないでしょう。ただし、以前の手術による癒着がないかどうかが問題となります。こうした点について、主治医と十分に話し合ってください。

手術でどの程度摘出するかは、のう腫の大きさやできた場所、良性なのか悪性なのか、妊娠を望む若い世代か閉経後の人かなど、さまざまな条件を考慮して決められます。良性のものなら、のう腫部分だけの摘出や、片方の卵巣だけの摘出で済むこともあります。悪性の場合には、転移なども考慮し、卵巣だけでなく、卵管、子宮、リンパ節などの摘出が必要となることもあります。

この点については、患者さんごとのケース・バイ・ケースなので、手術前に医師とよく話し合ってください。
卵巣のう腫の手術を受け、片方の卵巣は摘出しました。もうひとつの卵巣は一部が残っていますが、妊娠できるでしょうか。
卵巣は2つ(左右にひとつずつ)あります。摘出手術でひとつをとってしまっても、もう片方が残っていれば、女性ホルモンの分泌には支障はなく、月経もきますし、もちろん妊娠することができます。

あなたの場合には、残る片方の卵巣も一部だけとのことですが、もし組織が残っていてホルモン分泌があるのなら、一般的には妊娠は可能と思われます。主治医に、血液中のホルモン値を測定してもらったうえで、意見を聞いてください。
卵巣を2つとも摘出した場合、どのような症状が出ますか。セックスすることはできますか。
卵巣を2つとも摘出した場合には、排卵がなくなるので妊娠はできなくなります。卵巣からの女性ホルモンの分泌もなくなるので、一般的には更年期障害と同じような症状が出やすくなります。症状の種類や程度は人によって違いますが、ほてりと発汗(ホットフラッシュ)、動悸、イライラ、頭痛、憂うつ感などの、いわゆる不定愁訴が典型的なものです。

しかし、すべての人に更年期障害のような症状がみられるわけではありません。不定愁訴の症状があまりみられない人もいます。

症状が重い場合には、ホルモン補充療法(HRT)や漢方薬などで改善することができます。ホルモン補充療法というのは、女性ホルモンを補って体調を改善する方法で、更年期の女性を対象におこなわれているポピュラーな治療法です。

ただし、乳がんや子宮がんなどのホルモン依存性のがんになったことのある人や、その疑いのある人、肝機能障害のある人などは、ホルモン補充療法はできません。その場合にも、漢方薬に替えるなどの方法がありますので、医師と十分に話し合ってください。

セックスに関しては、卵巣を摘出してもすることができます。ただ女性ホルモンの低下によって腟の萎縮などの症状が起こることもあり、性交時に痛みがともなう人もいます。その場合にも、ホルモン補充療法や潤滑ゼリーの使用などの解消法がありますので、恥ずかしがらずに医師に相談してください。
若い頃から卵巣のう腫(骨や脂肪のもの)があり、定期的に検査を受けて様子をみています。30歳を超え、そろそろ結婚・出産を考えていますが、その前に手術をしたほうがいいでしょうか。
骨や脂肪などの卵巣のう腫は、卵巣皮様のう腫、奇形腫、あるいは類皮のう胞腫などとも呼ばれるもので、若い女性には比較的多くみられます。たいていは良性のものです。

ねじれたり、破裂したり、悪性腫瘍に変化することは心配ですが、30歳代前半で大きさも5cm程度までなら、その可能性は低いといえます。7cm以上になると茎捻転(ねじれ)をおこしやすく、その結果破裂することも考慮しなければなりません。参考までにいいますと、40歳代になってくると、大きなものは悪性腫瘍に変化する可能性も高まるので、注意する必要があります。

結婚や出産が間近のことなら、急いで手術する必要はないでしょう。一方、のう腫が次第に大きくなっていて、不安があるようなときには、腹腔鏡下手術などを受けてもいいと思います。手術後すぐに妊娠しても大丈夫です。

ただし、この腫瘍はもともと卵子に由来するものなので、手術で除去しても約20%程度の人は再発する可能性があることも知っておいてください。
卵巣のう腫は、ほかの人からうつりますか。
卵巣のう腫は、ウイルスなどによる感染症ではないので、ほかの人からうつることはありません。

排卵のときに卵胞から卵子が飛び出すとき、卵巣の上皮が破れ、傷つきます。すぐに修復されますが、排卵のたびに周期的に卵巣の上皮が傷つくため、卵巣のう腫をはじめとした腫瘍ができやすいのです。

また卵巣のなかには、卵子のもとになるたくさんの卵細胞があり、これが分裂し、成熟していきます。その発育過程で奇形腫を発生することもあります。

卵巣の腫瘍の多くは、このようにしてできるものであって、ほかの人からうつる病気ではありません。